このページの先頭

メインコンテンツ

精神療法

精神療法についてはおおむね次のように進みます。

なぜ病気になりやすいか?

病気のきっかけは何か?

病気が持続する意味は?

本人の対処法は?

まわりの人はどう対応したらよいか?

症状が出るウラには本人の何か訴えたいことが潜んでいます。仕事上なら「疲れた。もう限界だ」ということであり、人間関係上なら「何で自分のことを分かってくれないのか」ということが考えられます。従って環境調整をはかるなどのまわりからの働き掛けが必要となります。

それでも思わしくなければどうするか?

ストレスの原因は人間関係上の不快な思いであることが多いので、ストレスという一言で片付けないで心の中の葛藤状態にまで目を向けていきます。その方法の一つとして精神分析的な考え方があります。それは症状のことのみならずこれまでの自己と人との関わりの有り様を見つめ直すきっかけともなります。