このページの先頭

メインコンテンツ

マイブログ

<マイブログ>Vol.260 西南役(7)
<マイブログ>Vol.260 西南役(7).jpg

   (写真は、城山から桜島を臨む)
 宮崎県北の延岡において全ての戦いに敗れた西郷軍は、明治10年(1877)8月17日、一路鹿児島を目指すことになった。
 同日夜10時頃、村人の案内で道なき道をたどり始めた。山岳地帯の可愛岳(えのだけ)包囲網を突破し、半月後の9月1日に鹿児島に入り城山に立てこもった。その後9月24日、政府軍の総攻撃により西郷軍は全滅。
 現在、西郷以下側将士たちは南洲墓地(鹿児島市上竜尾町)に葬られている。この地から雄大な桜島が臨める。
 国のため薩摩のために行動した西郷たちがいつでも桜島を眺められるようにという配慮だが、そこには薩摩の人たちの西郷たちに対する変わらぬ尊敬の念が感じられる。

  • 御意見等ございましたらメールにてお願いします。
[ このページの先頭へ ]