このページの先頭

メインコンテンツ

マイブログ

<マイブログ>Vol.239 追突
<マイブログ>Vol.239 追突.jpg

 昨年11月、市役所横の国道、ゆったりした下り坂を車で走行していた。前方、赤信号のため車が列をなして停車していく。その後ろに付けようとスピードを落として行ったところで急にガツンと衝撃がきた。追突されたのだ。
 はずみで私の車は前に押し出されたが、反射的にブレーキを踏み込むと前の車のすぐ近くで止まった。ある程度車間距離があったのが幸いした。
 それまで後ろから小型トラックが付いて来ているのは分かっていたが、まさかぶつかるとは思っていなかったので突然の追突となった。最近は携帯しながらの運転も多いので、おそらく脇見運転だろう。
 私の車はセダン。後部は比較的大きく凹んだ。幸い明らかな外傷はなかったが、腰部の衝撃が特に大きかったので念のため整形外科を受診した。結局、異常なし。その後、約7か月後の今も問題なく経過している。
 今回大事にならなかったのも追突時の運転姿勢がおおむね妥当なものであったからではないかと思う。座席にしっかり身体を付けていたこと、頭部をヘッドレスト近くに位置していたこと等。本来は頭部はヘッドレストにしっかり付けていた方がよいようだが。
 ちなみに今回は相手側の全面的な過失だったので修理代は全額相手方の負担だった。こう言うとみなさん驚くが、私の三菱車は新車から16年目、走行距離18万キロ近く走ってきた。愛着もありメンテナンスもよくしてきたので買い替えるという考えはなかった。

  • 御意見等ございましたらメールにてお願いします。
[ このページの先頭へ ]