このページの先頭

メインコンテンツ

マイブログ

<マイブログ>Vol.226 自己主張(その二)
<マイブログ>Vol.226 自己主張(その二).jpg

 ここで前回出てきた「思い込み」について考えてみたい。まず我々の感覚についてだが、人の目に見えるものは4%であるという。残りの96%は見えていない。
 また、意識については、人が意識できているものも4%であるという。残りは無意識の中にある。
 しかし、我々は、そのわずか4%が現実の全てであるかのように思っている。つまり、大部分が「思い込み」の世界で生きている。
 また、我々が現実を認知するとき、自分のフィルターを通すために「認知の歪み」(認知療法参照)が起こりやすい。その結果「思い込み」が生じる。
 例えば、いつも挨拶してくれる人が、今日はすれ違っても挨拶がなかったという場面を考えてみる。マイナス思考の人は「嫌われてしまたんじゃないか」と落ち込むかもしれない。今日はたまたま考え事をしていたためかもしれないのに。
 そのように、一つの出来事対して、歪んだ認知の仕方をして、落ち込むという感情が起こっている。
 その結果、「挨拶がなかった」という出来事が「嫌われた」という「思い込み」になってしまう。
 以上は一つの例だが、人は多くの場面で「思い込み」の世界に生きている。さらに、人はその「思い込み」の内容を話したい・自己主張したい存在である。そういう現状を我々は常に意識しておくことを心がけたい。

  • 御意見等ございましたらメールにてお願いします。
<マイブログ>Vol.226 自己主張(その二) 写真有り
[ 2016年07月10日 ]
<マイブログ>Vol.225 自己主張(その一) 写真有り
[ 2016年06月27日 ]
<マイブログ>Vol.224 アドラー(七) 写真有り
[ 2016年05月24日 ]
<マイブログ>Vol.223 アドラー(六) 写真有り
[ 2016年05月09日 ]
<マイブログ>Vol.222 アドラー(五) 写真有り
[ 2016年04月24日 ]
<マイブログ>Vol.221 アドラー(四) 写真有り
[ 2016年04月23日 ]
<マイブログ>Vol.220 アドラー(三) 写真有り
[ 2016年04月09日 ]
<マイブログ>Vol.219 アドラー(二) 写真有り
[ 2016年04月03日 ]
<マイブログ>Vol.218 アドラー(一) 写真有り
[ 2016年03月28日 ]
<マイブログ>Vol.217 小旅行 写真有り
[ 2016年03月12日 ]
[ このページの先頭へ ]