このページの先頭

メインコンテンツ

マイブログ

<マイブログ>Vol.272 間主観(3)
<マイブログ>Vol.272 間主観(3).jpg

 『間主観カウンセリング』の流れについての概略は次の通り。
@正しい方向に向かって励まし合うため、セラピストと相談者は互いを主体として尊重し主観について開示する。辛い思いをしている者同士が向き合い、互いの悩みや苦しみを分かち合う(同行関係)。
 さらに「どう生きるか」「より良く生きるとはどういうことか」について語り合う。「勝者の原理」が支配する現代社会に適応するより、「生きる意味」を確かなものにして行く。これは互いに人生の修行となる。

Aセラピストは相談者の発言の持つ深い意味や良さに感動し魂を揺り動かされ、その醍醐味を深く味わう無言の時間が「間」となる。その後、セラピストは自分の魂がどう動いたかについてその主観を相談者に伝える。

B相談者はこれまでの生き方や価値観を顧み、内省、洞察する。その結果、ある時「悟り」を得るかのように新しい世界が拓けてくる。すなわち自分の生きる方向性がはっきりしてくる。それは新しい自己創造の過程である。
 
 以上、「間主観カウンセリング」(伊藤隆二著)参照。ここで主観とは自分独自の考え方や捉え方で、自分の感想、思い、気持ち、感情、その他に疑念や恨みつらみも入る。
 また、セラピストの基本的態度は従来のカウンセリングの通り、傾聴、肯定、尊重、受容、共感など。

  • 御意見等ございましたらメールにてお願いします。
<マイブログ>Vol.280 非常事態
[ 2020年04月30日 ]
<マイブログ>Vol.279 間主観(10) 写真有り
[ 2019年12月28日 ]
<マイブログ>Vol.278 間主観(9) 写真有り
[ 2019年12月28日 ]
<マイブログ>Vol.277 間主観(8) 写真有り
[ 2019年12月23日 ]
<マイブログ>Vol.276 間主観(7) 写真有り
[ 2019年12月14日 ]
<マイブログ>Vol.275 間主観(6) 写真有り
[ 2019年12月09日 ]
<マイブログ>Vol.274 間主観(5) 写真有り
[ 2019年12月09日 ]
<マイブログ)Vol.273 間主観(4) 写真有り
[ 2019年12月09日 ]
<マイブログ>Vol.272 間主観(3) 写真有り
[ 2019年10月17日 ]
<マイブログ>Vol.271 間主観(2) 写真有り
[ 2019年10月16日 ]
[ このページの先頭へ ]